スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



テーマ : Oblivion - ジャンル : ゲーム

髪の作成 #6 アルファ病対策


ちょっと今回は文字が多いめですが、お付き合いください。

さて、髪を作るにあたって避けて通れないアルファ病をやっつけたいわけですが。

実は、こうやれば完璧というような魔法の手段は知りません。

知りませんが、その代わりに
これをやるとアルファ病が出てしまう
これは知っています。

それをやらないこと。
アルファ病対策は、この一手に尽きます。

やっつけると偉そうに書いたわけですが、本当のところは回避しているだけです。

では具体的に。

1、透過部分を持つメッシュを重ねる。
2、視点から遠いメッシュに対して、重なる手前側のメッシュが先に生成されている。
3、手前と奥が入れ替わる。
4、メッシュが交差している。

経験上、これらがタブーです。



追記以降、SSを交えて実例と対処法を挙げていきます。



●1について●

1が最大の要因ですが、そもそもそれの実現が目的なので1は強行します。
それ以下3点を避けると、自ずとメッシュの生成順は1つのパターンに絞られます。
また、表現できる形状も限られます。
髪メッシュ作り始めの時点から3と4を意識し続け、
完成後、生成順を頭の中で組み立てる想像力が必要です。



●2について●

上で挙げたタブー2つめ。
その対策の意味を理解するためにも、これによるアルファ病を意図的に再現します。

一枚目のメッシュを置きました。
UVは透過度合いを確認しやすい場所を指定しています。
 ss00357.jpg


続いてその後方、顔との間に二枚目のメッシュを作りました。
区別しやすいように形を変えています。
 ss00358.jpg


2枚が重なって見えるところへカメラの位置を変えていきます。
ニ枚目のメッシュに隠されて、目の周辺がほぼ見えなくなっています。
 ss00351.jpg

2枚のメッシュが重なりました。
重なったことにより、さらに隠れるどころか逆に透けてしまっています。
これが、タブー2にまつわるアルファ病です。
 ss00352.jpg

じゃあどうすんの?ということですが
メッシュの生成順を入れ替えてあげる事でこれは解決できます。

《回避と対処法》
回避というと、始めから視界の奥のメッシュから順に作ればいいだけです。
ですが、ゲーム中での動的な視点を考慮しつつ、かつ意図通りの造形を同時に行うことは困難を極めます。
そこで、まずは生成順を気にせずにメッシュを組み上げてしまいます。(~作成#5)
その後に生成順を調整すればいいわけです。

それでは生成順の入れ替えの仕組みを。
1番目に生成されていた縦長メッシュをLキーで選択して複製します。Shift+D
同じものが生成されました。3番目のメッシュです。
理解しやすいように少し位置をずらしています。
 ss00353.jpg

Lキーで1番目のメッシュを選択。
Xキーにてこれを削除。
 ss00354.jpg

見かけ上は元通りになりました。
ですが今あるのは2番目と3番目のメッシュです。
作業の前にあった2番目と1番目の生成順と比べると、後先の逆転に成功しています。
 ss00355.jpg

これで意図通りに透過値がブレンドされて表示されるようになりました。
 ss00356.jpg


《生成順調整の実践編》
メッシュの重なり順と生成順とアルファ病の関係について御理解いただけたでしょうか?
実際の髪作り後の生成順調整では、見やすいように少しズラす事ができない上に、メッシュも2枚では済まないのが実際のところです。
ここでは、自分が実際に使用している方法をご紹介します。

理屈は同じなんですが、3枚以上になるとちょっと複雑になりますよね?
そこで、複製された新しいメッシュをhideしつつ次に進む事で人間側の混乱を避ける方法をとります。 

3枚のメッシュを用意しました。これ以上は4枚でも100枚でも繰り返しが多いだけの同手順です。
 ss00382.jpg

まずは視界最奥になるメッシュをLキーで選択。
 ss00383.jpg

Shift+Dでこれを複製。
 ss00384.jpg

そのままマウスを動かさず、Enterキーでこの場に固定。
 ss00385.jpg

Hキーで新しいメッシュをhide(保護&不可視化)します。
選択されていた新しいメッシュがhideされたので、無選択状態になりました。
 ss00386.jpg

Lキーで複製元である古いメッシュを選択して削除します。
 ss00387.jpg

図の通り、最奥にあったメッシュがなくなりました。
次に視界最奥となるのは図で選択状態にあるコレ。
同じくShift+Dで複製。
 ss00388.jpg

複製されたものをHキーでhideしました。
 ss00389.jpg

残った複製元をXキーで削除。
 ss00390.jpg

最後に1枚。
コレも複製。
 ss00392.jpg

同じく複製されたのをhide。
 ss00394.jpg

残った最後の複製元を削除。
 ss00395.jpg

これでメッシュ生成順の調整が完了です。
 ss00396.jpg

Alt+Hで再可視化。
生成順調整済みメッシュ群が一気に表示されました。
あとはObject Modeに戻り、exportすればblenderでの作業は完了というわけです。
 ss00397.jpg



●3について●

タブーの3つめ。

上方と下方で、奥と手前が入れ替わる一対のメッシュを用意しました。
 ss00360.jpg

正面からの視点。
上と下では重なり順が違います。
ss00361.jpg

重なる二点に寄ってみました。
眉間部分の透過は正常ですが、唇前部はアルファ値のブレンドができていないのが見てとれます。
メッシュの生成順を入れ替えることで唇前部のアルファ病は治せそうですが、眉間前部にアルファ病が出るのが容易に想像できます。
正に、
『こちらを立てるとあちらが立たず』な状態に陥っています。
 ss00363.jpg
これを何とかしようと考えるよりも、造形の段階でこういうメッシュ組みを避けるようにするのが賢明だと思います。


●4について●

タブー4つめ。

交差する一組のメッシュを作りました。
 ss00367.jpg

やはり重なり順が入れ替わる交差点を境に、透過値ブレンドの可否が別れてしまっています。
生成順を入れ替えたとしても、アルファ病の出現の位置が入れ替わるだけなので手詰まりです。
 ss00368.jpg

以上、タブー2のみ対応策があるものの、3と4については有効な手段がありません。

勿論、強引な手段をもって誤魔化す事は可能なんですが、経験上タブー3と4には触れずにメッシュを組むことのほうが結局は楽です。

次回は、#5までで実際に作った髪メッシュのアルファ病を治す手順を公開する予定です。

お疲れ様でしたー




例外的に、上で触れた強引な手段のSSを置いておきます。
勿論、これが必要ないように組むのが優先です。
注釈はつけないので見て解る方のみどうぞ。

ss00369.jpg
ss00370.jpg
ss00371.jpg
ss00372.jpg
ss00373.jpg
ss00374.jpg
ss00375.jpg
ss00376.jpg
ss00377.jpg
ss00378.jpg
ss00379.jpg
ss00380.jpg
ss00381.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : Oblivion - ジャンル : ゲーム
コメント
- from てんのーじユキスケ
おぉ!ビジュアル的に分かりやすい説明ですね。
自分で巻き髪とか複雑に入り組んだ髪を作っている時は
途中で頭が痛くなってきて「まぁ、いいや」で終わるのがいつものパターンです。

Simsの髪職人様に対抗するのは諦めちゃっているけど
自作で髪を作っている身だと他所様の髪は使い難いんだよなぁ。
RANさんはどうですか?
2011/10/01(土) 17:50 | URL | てんのーじユキスケ #-[ 編集]
> おぉ!ビジュアル的に分かりやすい説明ですね。
> 自分で巻き髪とか複雑に入り組んだ髪を作っている時は
> 途中で頭が痛くなってきて「まぁ、いいや」で終わるのがいつものパターンです。
髪作成記事見てくれてるの、髪を作れる人だけな気がしてきたw
知らない人が見ても分かりやすいですかねー?苦笑

> Simsの髪職人様に対抗するのは諦めちゃっているけど
> 自作で髪を作っている身だと他所様の髪は使い難いんだよなぁ。
> RANさんはどうですか?
そですねー、自作しだしてからは(゚Д゚)あまり使わなくなったかも
と言いつつユキスケさん作の髪だけは使いまくってマスケド!w
2011/10/03(月) 03:00 | URL | RAN #y/7VRwuM[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://obliru.blog41.fc2.com/tb.php/202-c90cdaa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。