スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



テーマ : Oblivion - ジャンル : ゲーム

髪の作成 #4 拘り整形編


髪の作成第4回は、ちょっとダサいのが完成しそうな悪寒がするので整形しようず の回です。

ss00167.jpg

なんとなく後ろが下がってるのがイケてないですねw





とりあえず、元の御椀型に戻します。


真ん中一番下の頂点を、Proportional Editをオンにして持ち上げます。
あとで揃えるので、だいたいでおk
 ss00168.jpg

テンキー3で横視点。
シルエットのうねりを直線に戻します。
 ss00170.jpg

Pivotを3D Cursorに変更。
UV編集の時に2D Cursorを使いましたが、それと同じ解釈でおkです。
3D Cursorを基点にして編集を行うモードです。
 ss00171.jpg

一番膨らんでいるこの頂点を選択しました。
これの真下に連なる頂点を揃えたいわけです。
 ss00172.jpg

選択した頂点の座標に3D Cursorを置きます。
2Dの時と違って、マウスクリックで置くのは困難なので
Mesh>Snap>Cursor→Selection
を使います。
 ss00173.jpg

3D Cursorが、選択していた頂点にSnapされました。
 ss00174.jpg

以下のように、揃えたい頂点群を選択。
 ss00175.jpg

垂直線上に揃えたいので、z軸座標以外を0倍します。
S>Shift+Z>0
 ss00176.jpg

下の頂点群が揃いました。
 ss00177.jpg

隣の列も同じ手順で垂直線上に揃えました。
 ss00178.jpg

順番にこの列まで作業が完了。
これより前側は横髪が隠してくれるので手抜きb
 ss00179.jpg

次は横のラインを揃えたいので図のように選択。
PivotをMedian Pointに変更しました。
これは、編集の基点を被選択頂点群の座標の平均位置にする事と解釈して下さい。
z軸を合わせたいこの場合は、高さの平均点を採るという事です。
 ss00180.jpg

S>Z>0で高さを揃えました。
 ss00181.jpg

ラインが崩れたので1つ上の段も
S>Z>0
これより下も全て
S>Z>0で高さを揃えました。
 ss00182.jpg

耳が突き出てしまったので、付近の頂点を選択してPropotionalEditをオンで膨らみ方向へ整形。
Alt+S
このAlt+Sな操作ですが、うまく言葉にできませんw
 ss00183.jpg

面を構成する頂点はそれぞれ"向き"を持っていますが百聞は一見にしかず。
SS下側PanelsエリアのMesh Tools Moreタブ内にあるDraw VNormalsを押下してください。
各頂点から水色の線が放射されているはずです。これで各頂点の向きを表しています。
上で百聞(ryと書きましたが、その様子のSSはまだありません
選択された頂点を、各々の水色線に沿って移動させるのがAlt+Sの操作です。
その操作の結果、耳を隠すことに成功しました。
 ss00184.jpg
追記:撮ってきました水色線
ss00244.jpg


毛先を微妙に内巻きに。
Proportional Edit Sharp falloff をオンでAlt+Sで収縮方向へ整形。
 ss00185.jpg

うんまあこんなもんかな
 ss00186.jpg

膨らみもAlt+Sで。
 ss00187.jpg

まあこのくらいでしょうか?このあたりはお好みで。
 ss00188.jpg

前下がりのシルエットにします。
最前列毛先の頂点を選択してPropotional Edit Sharp falloffで
 ss00189.jpg

下方向に引っ張ります。
G>Z
 ss00190.jpg

後ろを見ると、もう少し長さが欲しくなったので裾の頂点を全部選択。
Alt+右クリック
 ss00191.jpg

PropotionalEditをSmooth falloffにしてこれらを下方向に引っ張りました。
G>Z
 ss00192.jpg

一連の整形作業でセンターがズレた可能性があるので、ここで中心軸を合わせます。
中心線 となる頂点群を選択。
 ss00193.jpg

Shift+Cで3D Cursorを原点(x0,y0,z0)に戻しました。
選択しておいた頂点群のx座標を一括でこれに合わせるのが狙いです。
 ss00194.jpg

Shift+Cの操作でカメラが引いてしまいました。
マウスホイールでやりやすい位置に戻して、
 ss00195.jpg

3d Cursorのx軸に合わせたいので、Pivotを3D Cursorに変更。
 ss00196.jpg

Proportional Editを切っておくのを忘れずに!
 ss00197.jpg

S>X>0で、選択した頂点群のx軸が0に揃いました。
 ss00198.jpg

ちなみに中心線上の頂点がx0からズレていると、極端ですが下図のようになります。
 ss00199.jpg

次は横髪部分。
当たり前ですが長さが足りてません。
選択の仕方とProportionalEditの加減で均等に伸ばせるように色々試しました。
自分の場合は下図な感じで頂点を選択してSmooth Falloff。
 ss00200.jpg

G>Zで下方向に。
 ss00201.jpg

単純に下に引っ張ったので、前髪と後髪とも干渉してしまいました。
修正のため干渉部付近の頂点を選択。
 ss00202.jpg

Alt+Sで外側へ。
 ss00203.jpg

後ろ側も同様に干渉部付近の頂点を選択。
 ss00204.jpg

Alt+Sでまとめて外側に出しました。
 ss00205.jpg

前髪に移ります。
前髪ObjectのEdit Mode
 ss00206.jpg

これは完全に好みの問題ですが、まっすぐだと平凡なので、両端の上がったデザインに挑戦してみました。
中央下の頂点をProportionalオンで下へ移動。
G>Z
 ss00207.jpg

次に真横から見た図。テンキー3
前髪がおでこに貼り付いてるみたく見えるので、もうチョット前方に浮かしたいところでしょうか。
移動して欲しくない部分もあるのでProportionalはオフにしました。
 ss00208.jpg

今回は前後を拡大して狙った形を作ることにしました。
そのままy軸拡大すると、節操無く前後に伸びてしまうので3D CursorをPivortに使います。
 ss00209.jpg

基点としたい位置に3D Cursorを置きました。
y軸拡大が目的なので、ここでは前後位置のみ有効。上下左右は無関係です。
 ss00210.jpg

3D Cursorより後ろにある頂点を選択解除。これらは動いてほしくありません。
B>B>中クリック
 ss00211.jpg

これでy軸拡大。前方に伸びることになります。
S>Y
 ss00212.jpg

前から見てみたの図。Ctrl+テンキー1
前髪中央のテクスチャの毛先が開いてるのが気になります。
 ss00213.jpg

テクスチャを描き直すのはめんd(ry
なので、今回はUVをゴニョゴニョして誤魔化します。
中央毛先の頂点は・・・これっぽいかな?(右UVエリアマウスポインタ部
 ss00214.jpg

実はProportional EditはImage/UVエリアでも有効なんです。
それを利用して毛先部分のUVを編集。
まあこれで妥協。(左3DViewエリア参照
ここは拘るともっと綺麗に仕上がると思います。
 ss00215.jpg

あと気になるのはココ。
ポインタ部の横髪がもう少し前まで回り込んでほしい感じでしょうか。
 ss00216.jpg

というわけで横髪ObjectのEdit Modeに入りました。
真ん中一番前の頂点を軸として、横髪メッシュの最前列を顔側にz軸回転させてみようと企んでいます。
軸に使う頂点を選択してMEsh>Snap>Cursor→Selection
 ss00217.jpg

Pivotは3D Cursorを使います。
これで回転軸が前列中央の頂点を通る直線になりました。
回転移動させたい最前列を選択。
 ss00218.jpg

二列目も多少追従してほしいので、Proportional Smooth Faloffをオンにしてz軸回転させました。
R>Z
 ss00219.jpg

回転により隙間ができたその奥・・・ハゲてましたw
修正します。
 ss00220.jpg

横髪のEdit Modeを抜けて前髪のEdit Modeに入りました。
前髪の根元部分、図で選択した4つの頂点を後ろへズラせば穴を塞げそうです。
 ss00221.jpg

G>Yで後ろに移動しました。
したところ、後ろ髪と交差したので後ろ髪の下奥へ押し込みます。
 ss00222.jpg

先程の操作で干渉してしまった前髪根元をG>Zで後ろ髪の下に移動させました。
 ss00223.jpg

少々脱線しましたが横髪のEdit Modeに戻ってきました。
先程の回転の影響で、根元部分が微妙に歪んでいます。
根元の頂点は3つだけなので手動で数値を入力して修正するやり方を。
NキーでTransform Propertiesを開きます。(自分のSSでは最初から出しっ放しですが)
現在黄色く選択されている頂点の座標がここに表示されます。
Vertex Xの文字列をクリックしてください。
 ss00224.jpg

x座標の数値が直接入力できます。
今回は中心に合わせたいので、0としました。
 ss00225.jpg

頂点が狂いなくセンターに移動しました。
他の2つの頂点も同じ要領でx座標に0を入力します。
 ss00226.jpg

これで横髪の分け目がバッチリ真ん中に揃いました。
 ss00227.jpg

根元部分のはばが足りない感じがしたので広げてみます。
広げたい部分の頂点を前後セットで選択してy軸拡大します。
S>Y
 ss00228.jpg

Proportional Smooth Falloffをオンで。
これくらい?
 ss00229.jpg

個別に気になる頂点位置を修正してます。
最前列真ん中はもう少し前へ。
G>Y
 ss00230.jpg

これくらい?
 ss00231.jpg

カクついたアウトラインも個別にチマチマ移動で修正・・・
 ss00232.jpg

上からの図。テンキー7
最前列のライン・・・
 ss00236.jpg

1つづつy軸移動で自然に繋がる位置に移動しました。
G>Y
 ss00237.jpg

色んな角度から確認してみると、この角度から見たときに前髪に対して浮いているのを発見。
 ss00238.jpg

浮いている頂点を選択してAlt+Sで隙間を狭めました。
 ss00239.jpg

このあたり、Proportional Smooth Falloffオンで横移動してフェイスラインに寄せました。
 ss00240.jpg

毛先も自然に見えるよう少し内へ。
 ss00242.jpg

これでダサ髪修正は終了です。
チョットはマシに見えますかね?w
 ss00243.jpg


今回、本当の目的はスタイルの修正よりも、これを見てモデリングを始めてくれた方に色んな編集方法を知って・感じて慣れていただくことでした。

ここまで一緒に進んできてくれた方なら、色んな編集法が身についていることと思います。
もう髪を膨らませるのも伸ばすのも自由自在だと思います。

ここまで、楽しんでいただけましたか?

次回は、エクスポートの準備編を予定しています。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : Oblivion - ジャンル : ゲーム
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://obliru.blog41.fc2.com/tb.php/196-1299dd2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。